UPが遅れてしまいましたが、SPK R3 ツインリンクほんぐうの
レースレポートです~^o^

19104_1596879913888879_106695815274855485_n




















11156255_1597297493847121_237434075733401090_n

2015年度のSpeed King Tourも3戦目を迎え、舞台は今シーズン初となるアウトドアコースのツインリンクほんぐうに移った。15年を超える歴史を持つこのほんぐうは、昨年度もSpeed King Tourの会場として予定されていたが、残念ながら、天候不順によってレースはキャンセルとなってしまった。つまり、事実上今回の大会がSpeed King Tour初開催となる。また、コースレイアウトの自由度が高いのもこのほんぐうの特徴であり、今回はモディファイドモーター搭載マシンに合わせて高速型のレイアウトを採用。そのため、ここ最近の大会でよく見られたターン数の多いモーターをチョイスする選手は少なく、4.5Tモーターの使用率が高かった。
 大会は通常通りモディファイド&ストックツーリングの2クラス開催となり、どちらもコントロールドタイヤとしてパナレーサー製32GXの使用が義務付けられている。使用可能なセット数は予選~決勝を通じて2セットのみというのもこれまで同様だ。
 大会が行われた4月12日は天候にも恵まれ、レースは無事に進行された。注目のモディファイドクラスは、ここまでの2戦で連勝を飾り、昨年度の最終戦から3連勝中のTRF祖父江旭生が予選からリードする展開となる。ここツインリンクほんぐうは祖父江の地元からも近く、練習も十分ということで、3ラウンド行われた予選レースでもすべてトップタイムをマーク、文句なしのTQを決めている。予選2位につけたのはツインリンクほんぐうのオーナーでもある小柳津将之。現在はチームヨコモに所属する小柳津は全日本選手権でも上位入賞経験の多いトップドライバーであり、練習不足ということながらもさすがの速さを発揮した。3位は群馬県から参加の石岡勇人。VBC最新モデルのD07のセットも進み、遠征のハンデを感じさせないスピードを披露した。以下、後藤優介、川上幸太、吉岡大輔、岩清水貴弘、沓名淳一、小林勇介の順でAメイン決勝レース進出者が決定。この9名に、Bメインからの勝ち上がりを決めた高木伸彰によって第3戦の優勝が争われる。
 17.5ターンモーターを使用するストッククラスでは、石岡とともに群馬県から遠征してきた矢端賢吾が地元勢を抑えてTQを獲得。決勝レースでも激しく追走する後続車を振り切って見事優勝を決め、年間チャンピオンシップのポイントを伸ばすことにも成功している。
 注目のモディファイドクラス決勝レースは、完璧なスタートでダッシュした祖父江を小柳津が追う展開となる。祖父江は小柳津との差をジリジリと広げ、レース序盤にして独走態勢を作り上げた。混戦となったのは3位争いで、スタート直後に3位に上がった川上を石岡が猛チャージ、しかし、石岡のミスに連動するかのように自身も縁石にヒットして転倒してしまい、痛恨の後退。今度は吉岡が石岡を追い上げる。1、2位はほぼ固定となったため、観客の視線も3位争いに釘付けとなるが、石岡がなんとかそのポジションを守り切ってゴール。優勝はTRF419を操り今期3戦3勝となる祖父江、2位はベテランの存在感を存分に見せつけたヨコモ・BD7 2015の小柳津のものとなった。
 2015年度のSpeed King Tour第4戦は、若干のインターバルを置いて7月19日に開催される。会場は埼玉県のグリーンパークスピードウェイ。8分の1GPカーも走行可能な広大なサイズが特徴となる屋外アスファルトコースだ。最高速度100km/hを軽々と超える現代のモディファイドツーリングカーの能力を発揮させるには抜群のロケーションで、今期屈指のハイスピードバトルが期待される。加えて、この大会から使用タイヤに関するレギュレーションが変わり、参加選手は自由にタイヤとインナー、ホイールを選ぶことができる。その代わり使用本数には制限が設けられ、ドライバーはレース当日に登録した2セットのタイヤしか使うことができない。これがレース展開にどのように影響するのか、そして祖父江の開幕4連勝はなるのか? 2015年のSpeed King Tourから目が離せない!

4月12日(日)に開催された SpeedKingTour
R3 ツインリンクほんぐう レース結果&動画です。

<ツーリング Modクラス>

・予選
11143187_1596820153894855_7768414271236914851_n

 TQ TRFアキオ  TRF419 + MuchMore

・決勝
11062723_1597297413847129_5525324961329855807_n

19104_1596879913888879_106695815274855485_n

 優勝 Team TRFアキオ        TRF419  + MuchMore
 2位 Team YOKOMO小柳津さん   YOKOMO BD7 + YOKOMO
 3位 TeamVBC ハヤト         VBC D07  + TRINITY

<ツーリングストック>

・予選
 TQ 矢端 賢吾
603805_1596820197228184_6868265539214941564_n

・決勝
11156255_1597297493847121_237434075733401090_n

 優勝 矢端 賢吾
 2位 松本 広行
 3位 原田 健

 

<<R3 動画>>

 ・ツーリングMODクラス 選手紹介

 ・ツーリングSTOCKクラス Aメイン

 ・ツーリングMODクラス Aメイン

 ・MODクラス TOP3 インタビュー(新企画)







 

RCドライバーの皆さん!!おはようございます☆

いよいよ今週末は SpeedKingTour in ツインリンクほんぐう
ROUNDですね。

レース当日のタイムスケジュールです^o^
ROUND3
エントリーが検討されている方は是非御来場お待ちしております☆
ツーリングレースはスピードキングツアーでキマリ!!

<<ROUND3 in エントリー>>


<<Oyaのまったり日記#3>>


多数様のご参加お待ちしております。


スピードギングツアー第2戦ワールドジャムレーシングのレースレポートをアップ致します。
10646858_1579772648932939_5494595335567478090_n
ラジコン天国名古屋店のインドアサーキットにて幕を開けた2015年度のSpeed King Tour。続く第2戦はその舞台を北関東に移した。会場となったのは群馬県富岡市にあるワールドジャムレーシングの屋内アスファルトコース。第1戦と同じインドアのアスファルト路面となるが、実際には路面の性格がかなり異なるため、第1戦で好調だったドライバーが有利とはいえない。だが、モディファイドクラスのディフェンディングチャンピオンであり、第1戦ウィナーでもある祖父江旭生が今戦でも有力な優勝候補であることは間違いなく、ここ群馬県を地元にする2013年度Speed Kingの永島友吾も、今季初優勝を狙って準備に抜かりがない。さらに第1戦で活躍をみせた後藤優介も参戦を表明。ワールドジャムはアウェイとなるが、実力は確かなだけに、優勝争いにどうからんでくるかに注目が集まった。

今大会も前戦同様にパナレーサー製32GXがコントロールドタイヤに使用される。しかし、前戦とはグリップ力の出方が異なり、新品よりもある程度使い込んだ状態の方が速いという傾向がみられた。そのため、多くの選手はレース当日に支給されたタイヤをタイヤセッターなどで“皮むき”してから使用している。
レースは17.5ターンモーターを使用するストッククラスと、ターン数に制限のないモディファイドクラスが行われるが、モディファイドクラスの使用モーターにばらつきがみられたのは前回同様。主流は4.5~5.0ターンなものの、ドライバビリティを重視して6.5~10.5ターンを使用する選手もあり、中には13.5ターンモーターでこのクラスに参戦するドライバーも存在した。
 ストッククラスの予選は矢端賢吾がTQを獲得。これに若手の大槻 守が続き、3位の座は地元の蟻川 弘のものとなった。ベストラップタイムでは蟻川が速く、上位2名との争いも期待される。
注目のモディファイドクラス予選。まずはTRF419をドライブする祖父江がトップタイムをマークしてリードする。続く第2ラウンドでは、永島が意地をみせて愛車のVBC D07をトップへと導いた。だが、第3ラウンドでは祖父江が再びトップタイムを記録し、初戦から連続でTQを獲得。2位には永島が続き、3位はARC R10 2015の後藤、4位斉藤和哉、5位石岡勇人、6位川上幸太の順でAメイン決勝レースへの進出を決定。これにBメイン決勝レースからの勝ち上がりを決めた沓名淳一を加えた7名のドライバーによって第2戦の優勝が争われる。
接戦も予想されたストッククラスの決勝レースは、結果的に矢端の独走となり、2位以下に大差を付けて優勝。その2位は蟻川で、ミスが響いた大槻は3位に終わった。
10502212_1579912405585630_6919457033618488565_n

 モディファイドクラスのAメイン決勝レースは、ポールから先行した祖父江を永島が激しくチャージするという両者の一騎打ちとなった。そしてレース中盤を迎えるころ、ストレートエンドでわずかにミスした祖父江のスキをついて永島がトップに躍り出る! 待望のレースリーダーになった永島だが、祖父江もぴったりと追走し、この争いはレース終盤まで続いていく。しかし、残り1分を切ったころ、永島のペースが落ち始める。それを祖父江が見逃すわけはなく、永島車のリヤバンバーに触れんばかりの猛追を見せる。永島車のペースダウンはギヤトラブルによるもので、ゴールまで残りわずかとなった時点で急速にスピードを失い、祖父江に首位の座を明け渡したばかりか、ついにはコース上にストップしてしまった。これで楽になった祖父江はそのままゴール。見事2連勝を達成した。2位にはしぶとい走りで石岡が入り、後藤が殊勲の3位表彰台を獲得した。
10987338_1579912345585636_1520185650282168090_n

 次戦のSpeed King Tourは、4月12日に愛知県豊川市のツインリンクほんぐうで行われる。なお、この第3戦では引き続きパナレーサー製32GXがコントロールドタイヤとなるが、第4戦からはタイヤ規定が変更される。その詳細についてはSpeed King Tourのブログ、あるいはfacebookページを参照してほしい。今年初のアウトドア決戦となる第3戦ツインリンクほんぐうラウンド。祖父江旭生がノンストップで今季3連勝を飾るのか? それとも強力なライバルがそれを阻止できるのか? 興味が尽きることはない。

ROUND3のエントリーはこちらから
      ↓
<<ROUND3 エントリー>>

 

RCドライバーの皆さん。こんにちわ。

3年目を迎えたスピードキングツアーですが、コントロールタイヤとしてメインスポンサーでもありました、パナレーサー製コントロールタイヤを第3戦ツインリンクほんぐうを最後に終了となります。
パナレーサー様にはこの場をお借りして御礼申し上げます。
3年間に渡り大変お世話になりました。ありがとうございました。
さて、残りのラウンドですが新たなルールにて大会を進めて行きたいと思います。
レースで使用可能タイヤセット数は変わらず2セット、ドライバー自らタイヤをフリーに選べる事にし、その2セット(1セットでもOKだが、朝の受付以外でのマーキングは一切出来ない様にします 中古タイヤの申請も勿論OKです スポンジタイヤは禁止)
を受付の際にオフィシャルの方でマーキングさせて頂きます。
手持ちタイヤでもレースにエントリーが可能になり、新品タイヤでライバルに差をつけるも良し、異なるコンパウンドを用意するもよし、インナー違いを用意するもし、色々なバリエーションが増える事でドライバーの経験値が試される事になるでしょう。


以下の大会はこのレギュレーションで開催したいと思います。
 7/19 グリーンパーク
 9/27 千葉 袖ヶ浦 
 11/1 群馬 クレストスピードウェイ

エントリフィーですが3,500から3,000円に変更させて頂きます。

宜しくお願いします。

↑このページのトップヘ